TOPICS記事詳細
道内拠点のアーティストを募集!
札幌とベルリンを音楽で結ぶ「Open Port Club」
音楽を通じた札幌とベルリンの都市間交流プロジェクト「Open Port Club」では、北海道内を拠点に音楽活動を行うアーティストを2017年7月5日(水)まで募集中。
2016年よりスタートした「Open Port Club」(以下、OPC)は、札幌の音楽シーンのさらなる活性化やアーティスト、クリエイターの育成を目的とするプロジェクト。世界のクラブシーンの中心地として知られるベルリンから多くを学びながら、札幌の優れた音楽やアーティストをベルリンに向けても発信してゆく。昨年は、ベルリンを代表するテクノ・クラブ「Tresor」に3組の札幌のアーティストを派遣し、イベント出演以外に地元メディアでのPRも行った。
今回の滞在制作プログラムでは、ベルリンからのアーティスト2名と道内からのアーティスト1名を札幌市内の天神山アートスタジオに招き、セッション・制作の機会を提供。10日間の滞在中には、国内最高レベルと言われる「芸森スタジオ」でのレコーディングを実施し、10月に札幌市内で成果発表のライブパフォーマンスを予定。ベルリンから招聘される1名は、ベルリンのクリエイティブシーンに多大な影響力を持つ「Berlin Community Radio」が主催する新人育成プログラムの参加者から選出。残る1名は、このプログラムのためにOPCが独自に募集したアーティストから選出される。
応募締切は2017年7月5日(水)。クラブカルチャーの最重要都市、ベルリンからのアーティストと刺激し合える貴重な機会なので、興味のある方はぜひ応募を。
Open Port Club Artist Residency Program
プログラム実施期間:2017年8月30日(水)〜9月8日(金)
実施場所:天神山アートスタジオ(札幌市内)

■ 応募要項
応募受付期間:募集中〜2017年7月5日(水)
募集人数:1名
おもな受入れ条件:
 ・20歳以上であること
 ・現在北海道内を拠点として音楽活動を行っているソロアーティストであること
 ・エレクトロニックミュージックを主とした、オリジナルの音楽制作活動を行っていること
 ・ベルリンと札幌の音楽文化交流の発展に貢献する意志があり、OPCの趣旨に賛同すること
 ・日常会話程度の英語を話すこと
 ・心身共に健康で、個人の生活に関わる身の回り管理を自身で手配できること
 ・滞在状況や制作の模様をアーカイブ、広報活動の為に全公開していく事にご協力いただけること
 ・2017年10月12日(木)〜15日(日)に札幌再訪が可能なこと(移動費は主催側で負担)
応募方法:応募資料をinteractive@no-maps.jpへメールでお送り下さい
 ※ 審査基準や応募資料については、http://openportclub.com/news をご確認ください
結果発表:2017年7月中旬を予定