TOPICS記事詳細
世界三大広告賞「One Show」〆切迫る
カンヌライオンズ、クリオ賞と並ぶ世界三大広告賞のひとつ「One Show」の〆切が1月30日(金)までとなっている。
One Showは、1975年に非営利団体「ザ・ワン・クラブ」によってニューヨークで設立された広告賞で、毎年5月に開催されている。アートディレクターやデザイナーなど技能に評価を与えることが特徴で、今年はデザイン、映像、インテラクティブ、ソーシャルメディア、UX/UIなど13部門で構成されている。世界のトップクリエイターからなる審査員には、PARTYの伊藤直樹氏(CROSS-PLATFORM部門)と電通の八木義博氏(DESIGN部門)の日本人勢2名のほか、ニューヨークを拠点とするデジタルエージェンシーのDroga5や、リドリー・スコット率いる映像プロダクションのRSA、世界的広告代理店のBBDOのメンバーなどが名を連ねている。

昨年度は、各部門のゴールド受賞作品の中から選ばれる最高賞のひとつに、ジャズミュージシャン菊地成孔氏の音楽を表現したポスター「KIKICHI NARUYOSHI:JAZZ」(DESIGN部門)が日本から選出され話題となった。受賞作は各国のクリエイティブ業界で大きな注目を集めるので、チャンスを掴みたい方はぜひ検討を。

One Show 2015
募集〆切:2015年1月30日(金)
募集部門:
BRANDED ENTERTAINMENT
CROSS-PLATFORM
DESIGN
DIRECT
FILM
INTELLECTUAL PROPERTY
INTERACTIVE
MOBILE
PRINT & OUTDOOR
RADIO
RESPONSIVE ENVIRONMENTS
SOCIAL MEDIA
UX/UI
オフィシャルサイト:http://enter.oneclub.org/
日本語での応募説明はこちら